タブレットを使ったICT授業支援 サイバー先生のFAQ

タブレットを使った授業、ICT教育支援ツール サイバー先生のFAQ。よくあるご質問にお答えします。

動作環境に関すること

動作環境に関すること

  1 利用するにあたって必要最低限の環境は? 児童生徒用タブレット(1台~)、教師用PC(1台)、無線アクセスポイント
  2 利用できるOSは? 教師用PCはWindows8.1、Windows10、Mac OS X10.7~。
児童生徒用タブレットはAndroid4.1~、Windows8.1、Windows10、iOS6.1~となっています。
  3 インターネット環境の必要性は? インターネットにアクセスできる環境は無くても動作可能です。環境がある場合はインターネットコンテンツを使って、より幅を広げたご利用が可能です。
  4 1台の教員PCに接続して使える児童生徒のタブレットは何台までですか? 教員PC1台あたり最大50台までの児童生徒タブレットを接続して利用する事が可能です。
  5 電子黒板などと連携して使う事は可能ですか? マウス操作をタッチペンなどで利用いただけるほとんどの電子黒板と親和性が高く簡単に利用できます。詳しくはご相談ください。
  6 サイバー先生を使う上でのネットワーク上の制約事項はありますか? 教員用PCには固定のIPアドレスを1つアサインしてください。
  7 プロキシーを使ってインターネットアクセスする環境で動作しますか? はい。動作します。但し、各タブレットと教員用PCの通信においてローカル通信時のプロキシー例外設定が必要です。詳しくはご相談ください。
  8 教員用PCのディスク容量はどのくらい必要ですか? 利用頻度や扱う教材により使用するディスクの容量は大きく異なりますが、概ね1時間の授業で平均的な使い方で利用するディスク容量は50MB程度を目安にお考えください。(40人/クラスの場合)
  9 教員用PCを選ぶ際の基準はありますか? メインメモリの容量が4GB程度以上の機器を選ぶことがストレスなく使うためには必要ですが、費用と性能のトレードオフとお考えください。
 10 画面解像度の制限などはありますか? 教員用、児童生徒用ともにWXGA以上の解像度が必要とお考えください。
 11 対応機種に制限はありますか? 基本的にはOSの条件を満たしていれば動作しますが、希に周辺機器がうまく動かない機種がありますので、御導入の際には動作確認を申し付けください。

運用に関すること

運用に関すること

 51 複数の児童生徒が共有して使うケースを考えた場合、タブレットで作成した児童生徒の作品などはどのように管理されますか? 基本的には児童生徒の手描きをした作品などは教員PCに「どのクラスの誰が何時間目の授業で描いた記録」として保存され、必要であればそれらを再度各自に再配布する事が可能です。
 52 同じ教員PCを複数の教員が使う場合、また、違うクラスで使う場合に、データがごちゃごちゃになりませんか? サイバー先生は、授業を行うクラスの名簿や出席番号等と連携して動作する事ができる為、集められたデータを教員ごとに名称を自由につけて一括保存でき、混乱する事なく、また整理も非常に簡単にできます。
 53 複数の教室で同時にサイバー先生を使う場合、混信したりしませんか? 教員用PCと児童生徒用のタブレットは教員用PCの端末リストにより紐付が行われており、たとえ同じネットワークの中で接続したとしても混信する事はありません。
 54 複数の教員PCと児童生徒タブレットの構成の場合教員用PCを選択して接続する事は出来ますか? はい。可能です。但し、授業を行う教員PC側に接続を許可されていない児童生徒タブレットは接続できません。この機能を利用する際には教員リストの作成読込が必要になります。
 55 教員リストって何ですか? 教員PC1が複数ある場合にそれらの設定情報をリストにしたものです。この情報を児童生徒タブレットが読み込んでおく(httpアクセス)と複数の教員PCの中から授業を受ける教員PCを選択して接続する事が可能になります。
 56 年度が替わった時など、タブレットの設定変更などのように、運用に必要な事は何ですか? 基本的にはタブレットの設定変更はほとんど必要ありません。教員用PCは新学年などのクラスの名簿情報を更新する必要がありますが、非常に簡単にできますので心配はいりません。
 57 児童生徒用のタブレットは教室内で同じ機種である必要がありますか? ありません。サイバー先生はAndroid、Windows、iOSの3つのOSに対応していてそれらが混在する環境でも同じインターフェースで動作します。
 58 資料配信できる資料はどのようなデータですか? 予め用意されている資料で、静止画データ(jpeg,png等)、動画データ(mp4:H264)、pdf、マイクロソフトオフィスドキュメント(パワーポイント、ワード、エクセル等)です。受領側のタブレットにインストールされているアプリケーションにより受け取り後の動作が異なります。詳しくはお問合せください。
 59 QRコードを使った設定はどのような事ができるのですか? 児童生徒用タブレットが初期導入する際などに、タブレットのID、接続先の教員PCのネットワーク設定などを教員PCの端末リスト表示の際、拡大表示したQRコードを読み取る事でできる様になります。ソフトキーボードなどを使って細かい設定変更をせずに設定ができます。

トラブルに関すること

トラブルに関すること

901 教員用PCとつながらない。 幾つかの要因が考えられますので別途チェックリストを順に確認ください。
902 つながる時とつながらない時がある。 児童生徒用タブレットのIDが重複している可能性があります。まずは全数のタブレットを起動して教員用PCに接続してみてください。その中でつながったりつながらなかったりするタブレットはIDが重複している可能性が高いので、設定-共通設定を開きIDを確認してください。

チェックリスト

チェックリスト

No チェック項目 Check
 ① 無線アクセスポイントに接続できているか。
 ② 教員用PCと同じ無線アクセスポイントに接続できているか。
 ③ 無線アクセスポイントに接続して条件付きなどのWarningが出ていないか。
(Warningが出ていても使える場合もありますので内容を確認してください)
 ④ 教員用PCの接続IPアドレスが間違っていないか。
 ⑤ タブレットの端末IDが他のタブレットと重複していないか。
 ⑥ DHCP機能を持っていない無線アクセスポイント自動接続しようとしていないか。
 ⑦ ここまで確認してもNGが見つからない場合はお問合せください。

PAGE TOP